男性更年期障害の原因と症状・治療法 > 男性の更年期障害について

男性の更年期障害について

みなさん更年期障害は女の人だけの病気だと思っていませんか?
実は、40代・50代の男性にも、年をとるにつれて低下する男性ホルモンなどが原因で、女性の更年期障害に似た症状がでるのです。
では、どうして更年期障害が起こるのでしょうか?
女性の場合では閉経の前後で、急激に変化が現れるのですが、男性の場合は閉経がありません。
しかし、加齢による男性ホルモンの低下や、精神の不安定、環境の変化などが影響し、発病することがあるのです。
ストレス社会と言われる今では、精神的な面でのケアが必要になってきます。
それでも最近は、仕事のストレスやリストラに対する不安、子供が自立して夫婦で二人の生活になったことなどが要因になっているのです。
そして、男性の更年期障害は女性と違い、長く、慢性的に変化が続くのです。
更年期障害は出やすい人、出にくい人に二極化しやすい病気ですが、では、どんな男性に症状が出やすいのでしょうか?
それは、精神的に余裕の無い人、つまり、几帳面な人や責任感の強い人などです。
逆に言うと、おおらかな人や、マイペースな人は更年期障害にはなりにくいと言う事です。
ほかにも今まで持続してやっていた事を急にやめてしまったりすることで、発症することがあります。
たとえば今までスポーツをやっていて急にやめたり、仕事を急にやめてしまったりする事です。
みなさんも、更年期障害は防げます!そのためには早いうちからのケアが必要になってきます。
そのためにも、このブログで更年期障害を防ぎましょう!
次は更年期障害の症状についてお話します。