ストレッチの方法

今回は更年期障害に有効なストレッチの方法をご紹介します。

1.「上半身前面と腰、背中を伸ばす体操」
イスに深く腰を掛け、背筋や両腕、肘を充分に伸ばしましょう。
息を吸いながら、上半身を後ろにゆっくり反らせていきます。
息を止めて3つほど数えたら、息を吐きながらゆっくり元の姿勢に戻します。

2.「腰と背中を伸ばす体操」
イスに浅く腰を掛けて股を開き、背筋を伸ばして、息を大きく、深く吸い込みましょう。
そして息を吐きながら、ゆっくりと頭が両足の間に入るぐらい、上半身を曲げて5つ数えて、ゆっくり上半身を戻します。

3.「腰と太ももの裏を伸ばす体操 」
イスに深く腰を掛け、左ひざを両手で抱えるようにして、胸にくっつくくらいまで引き上げます。
3つほど数えたら、ひざを下ろし、右足も同様にしましょう。

4.「腰の筋肉を伸ばす体操」
あお向けになって、両手を頭の後ろで組みましょう。
右ひざを曲げて、そのまま下半身を左側にしっかりひねりましょう。
右ひざを床につけて、腰の筋肉を伸ばすようにして、そのまま数秒間静止して、ゆっくり元に戻して右ひざを伸ばします、左足も同様にしましょう。

5.「足から首まで体の前・後面を伸ばす体操」
両足を軽く開いて、両手を床につけるぐらい上半身を前に曲げましょう。
ひざの裏が伸びているのを意識しながらするとよいでしょう。
腰に手をあてて、上半身をゆっくり、後ろに大きく反らします。

6.「背筋を伸ばす体操」
あお向けになり、お腹に力を入れて、両ひざを両手で思い切って抱え込んで、1分ほど保ちます。
息を吐きながら、ゆっくりとひざを伸ばしましょう。

7.「ひざの裏側を伸ばす体操」
まず、両足を伸ばして座ります。
手の指先そろえて、足の先に届かせるつもりでゆっくり上半身を前に倒していきます。
そして、3つ数えて元に戻しましょう。

こういった運動を、毎日1つだけでもいいので続けるようにしましょう。