食欲不振について

男性ホルモンであるテストステロンの減少で、自律神経は影響を受けます。
胃腸などの消化器は、複雑にコントロールされているために、更年期になると様々なトラブルを起こしたりします。
代表的なものを上げると、食欲不振、胃のもたれ、などが言えます。
家事や育児などから、解放される更年期の世代になりますと、身体の活動量が当然の事に少なくなります。
二十代から三十代の時より、体を維持するために必要となる、基礎代謝「新陳代謝」のエネルギー消費量が絶対的に低下をしていきます。
こういった理由から、だんだんと少食になっていくので、食べる量を減らさないと、胃もたれをよく起こすようになってしまいます。
なので、更年期にさしかかると、1日3回の食事の質を考えて、バランスのよい適切な量を摂取することを心がけていくことが必要になってきます。
しかし、慢性的に胃もたれが起こることや、急激に食欲が低下していく場合は、更年期障害ではなく、消化器系の病気が関係していると考えられるため、注意が必要です。
そしてストレス社会といわれる現代では、胃潰瘍などの慢性胃炎などがとても多くの報告があるので、内科などにきちんと見てもらうように心がけると良いでしょう。
また、太り気味だと思う場合には、体重を減らすことにより、症状が改善することもあります。
病気をしていないのに、食欲の減退が続いたりする場合には、更年期による精神的に不安定になることで起こる自律神経の乱れによる影響も考えられます。
内科や精神神経科などで診察を受けて、自律神経を調整する薬、精神安定薬などを処方してもらうことが、一番安心できる方法です。