慢性的な頭痛

頭痛は更年期による症状ではありませんが、更年期の変調によって頭痛が起きる可能性があります。

そして、慢性的な頭痛による症状を持つ人は多く、頭痛に関して、悩みを持つ人もいます。

このように症状としては辛い頭痛ですが、ほとんど頭痛は命にかかわることはなく、大きな病気が原因となることはありません。

ですが症状が頻繁に続くようでしたら、他の病気も疑ったほうが良いので、検査をして原因を確かめるようにすることが大切でしょう。

こういった頭痛の主な要因は、目や耳だったり、鼻やのど、歯などの不調がきっかけなり、痛み、重さなどを感じたりするようになります。

慢性的に起こる頭痛のほとんどは、筋緊張性頭痛によるものと片頭痛のふたつです。

筋緊張性頭痛の場合は、頭の前部が痛くなったり、頭全体に違和感があったり、頭の周りをきつく締められるような感じを受けます。

筋緊張性頭痛の主な原因としては、肩や首のこりからくることが多いです。

また、ストレスなどによる原因の場合があります。

そして片頭痛の特徴は、頭の片側が急にズキズキと痛むような症状です。

こめかみや、目の内側のような場所から起きる事が多く、頭全体に広がることもあります。

慢性的に起こる片頭痛は、体質として起こる人がいると言われています。

頭痛による自覚症状がわかる場合には、早めに処方された薬などを飲むことが良い方法です。
そのため、同じような姿勢を続けずに肩や腕をストレッチなどで動かしてこりをやわらげるようにしましょう。
ほかにも、マッサージや入浴などでもこりをほぐしたりすることができたり、度のあった老眼鏡をかけているなどして目を疲れさせない工夫も必要になります。