男性更年期障害の原因と症状・治療法 > 更年期によって起こるめまい

更年期によって起こるめまい

「めまい」には壁や天井などが回転しているように見える「回転性」と呼ばれるめまいと、身体がふわっと浮き上がるような感覚を受ける「浮動性」と呼ばれるめまいがあります。

更年期によって起こるめまいの多くは、ほとんど「浮動性」によるめまいであるため、場所、時間を問わずに突然起きます。

こういう「浮動性」めまいの原因は、更年期による自律神経の不調によるものだと思われます。

しかしめまいは、脳梗塞や脳腫瘍など、高血圧というような病気が原因になり起こることがあるため、頻繁に起こるようなら検査を受けたほうが良いでしょう。

また過労による疲れ、睡眠不足が原因になっていることもあります。

充分に休みをとりおきましょう。

「回転性」のめまいの場合は、内耳の不調やメニエール病と呼ばれる病気が原因で起きることがほとんどです。

耳鳴りや吐き気を伴うことがあります。

そういうような耳の症状がある場合、耳鼻咽喉科などで、診察を受けましょう。

めまいには、病気が原因でない良性のめまいの場合があるため、発作が起きた時は、楽な姿勢をとって、おさまるまで動かずに待ちましょう。

めまいが再び起こる場合は、自動車の運転などは控えておきましょう。

軽症状の場合、心配には及びませんが、更年期にはいった場合、耳鳴りが起きたりもします。

耳鳴り以外にも症状がない場合は、安心して大丈夫です。
しかし、時に聞こえが悪くなるというよな、理由がわからないような突発性難聴と呼ばれる症状もでることがあります。
そのため耳鼻咽喉科での診察を早めに受け、治療をすることで難聴を残さずに治すことができます。