手足のしびれ

更年期により男性ホルモンのテストステロンが減少していくと、皮膚を保持する役割をする器官の能力が低下することがあります。
それにより、皮膚の感覚が鈍くなることや、反対に過敏に反応したりすることがある場合テストステロンの低下によるものであると考えられます。
また、更年期による自律神経の乱れで、知覚などにも影響するため、皮膚がピリピリとする場合があります。
こういった皮膚の違和感は、皮膚の上に蟻が這っているような感覚に陥る、蟻走感を感じる人もいます。
対処法として、バランスのよい食事をすることや、軽運動をすることによる、血行の活発化で症状を軽くする方法です。
ほかにも、ホットフラッシュによるほてり、多汗、冷えなどの症状は、場合によって漢方薬やホルモン補充療法などで症状が治まることがあります。
心理的に症状が出ている場合は、専門家に診てもらったりすることも重要です。
もしも、手足のしびれなどが続く場合、神経系の科にかかることオススメします。
脊椎や頚椎などの変形により周囲の神経が圧迫されて起こることがあるためです。
こういった原因により、しびれ、を感じる場合があります。
一目見ただけでは、まったく関係ない部位の場合でも、神経細胞でつながっている場合はしびれなって症状が出ることもあるため注意がしましょう。
また手足のしびれは、脳の動脈硬化いった症状などから始まることがあるため、症状が強くなる場合があります。
このような症状がよく起こる場合、整形外科で整体治療をしてもらうこと、神経内科で検査を受けることをオススメします。