男性更年期障害の原因と症状・治療法 > ホルモン補充治療について

ホルモン補充治療について

更年期になって男性ホルモンの分泌が少なくなることで更年期障害は引き起こされることは、今まで述べたことで皆さんご存知だと思います。
体内のバランスが崩れることで、分泌の環境に多大な影響が起きることになります。
この状態が続くことが更年期障害と呼ばれる症状です。
「ホルモン補充療法」とは、少なくなった男性ホルモンを補充する事により症状の緩和試みる治療法の事を言います。
ホルモン補充療法を受けるための準備は、血液検査を行って、男性ホルモンの減少が更年期症状の引き金になっているか調べる必要があります。
また四十歳以上の場合、更年期の症状の特長といわれる、ホットフラッシュなどの症状、不眠や動悸などの症状からも、医師による判断によっても可能です。
ホルモン薬の投与は、一ヶ月に一回を一周期と考え、二周期以降は様子を見ながらの治療となります。
しかし、異常を感じる場合、すみやかに医師に相談することで早期の対応してもらいましょう。
ホルモン補充療法によるよい部分は、更年期において様々な症状をまとめて緩和する事が出来る場合です。
普通は、肩こりやめまいや動悸などには、担当医師が治療を受け持つ事が一般的です、更年期の場合、ホルモンの補充治療で男性ホルモンを補い、効果があります。
しかし、ホルモンの補充療法はうまくいかない場合があります。
そういった場合には、自律神経調整薬を処方してもらい、カウンセリング受けることを併用することもあります。
また、誰でも治療を受けられる事は無く、受けられない場合もあり、副作用が多少あるというデメリットを知っておきましょう。