男性更年期障害の原因と症状・治療法 > ホルモン補充治療の効果

ホルモン補充治療の効果

ホルモン補充療法がどういった症状に有効であると言うと、男性ホルモンであるテストステロンが関係している病気であれば、全てに効果があります。
テストステロンが関係する場合、コラーゲンなど補給は皮膚を若く保ち、はりやつやを与えます。
ホルモンの補充療法により、ある程度ですが、皮膚のつややはりを保つ事ができるため、更年期の肌の症状を和らげることが出来ます。
とくに、抹消血管に関係している動悸や、ほてり、のぼせといった症状に、効果がよく出ますます。
また、このような症状が要因となって、不眠やゆううつといった、精神神経系の症状が和らぎ、進行を遅らせることもあるようです。
そして、更年期症状として見られる、汗が流れるくらいほてってしまうホットフラッシュと呼ばれる症状、皮膚のかさつき、背中などのかゆみといった症状にもホルモンによる治療は高い効果をあげます。
その他にも、テストステロンの影響が大きい臓器などにもよく効くこともあります。
しかし、ホルモンの補充療法があまり効かない場合もあります。
ひざの痛みや、腰痛や、肩こりといった症状がそうです。
加齢によって起こる骨の変形や、生活習慣などが影響して、効果をあまりあげないことがあります。
さらに、精神的に大きいストレスなどを感じると効果を妨げ、あまり効かないこともあるようです。
イライラやゆううつ症状、大きな不安がある場合、症状が発生している時は、精神科で診てもらい、治療をされるのが望ましいでしょう。