男性更年期障害の原因と症状・治療法 > 男性更年期障害は薬でよくなる?

男性更年期障害は薬でよくなる?

代表的な心理療法には、精神科医などの心理療法士が行ってくれる、カウンセリングがあります。
カウンセリングによる専門家が行う指導を受けると、自分の心理状況を冷静に見られるようになるため、迷いが無くなり身体の不調が改善する場合があります。
アメリカなどの諸外国では、ストレスを感じたりすると、自分の気持ちを整理する事に重点を置くため、カウンセリングを利用することがあります。
そして、行動認知法という方法があります。
これは自分の心のゆれを記録する事で冷静に自分を判断し、解決していくための手段を見つけられるようになる方法です。
心の安定のための自律訓練などがあります。
心理療法だけでも、症状が改善しない時は、薬を使ったりすることもあります。
抗不安薬と呼ばれるものは、心の不安で気持ちが落ち着かない場合や、不眠がよく続くときに用います。
不安や緊張を抑えるため、催眠作用があります。
数日、一週間ほどの服用によって効果が得られます。
抗不安薬の場合ホルモン薬といった調整剤、漢方薬と一緒に服用しても、副作用の心配がありません。
しかし、アルコールなどや、高血圧の薬などと一緒に服用すると、薬が強く機能してしまう場合があるため注意が必要です。
他に、ゆううつな気分抑える薬、やる気が無くなっていく症状に対する、抗うつ薬と呼ばれる薬もあります。
抗うつ薬は、副作用がよく出るものが多くあります。
しかし、最近は少ないものが増えているため、利用される場合が多くなりました。
向、精神薬の副作用を考えて、自分の判断で中止され、量を減らしてしまうような方もいます。
ですが、薬の服用は医師と相談して注意して行ってください。