男性更年期障害の原因と症状・治療法 > 薬を服用する場合の注意

薬を服用する場合の注意

ホルモン補充療法や、漢方薬の服用をはじめる場合、治療の効果すぐに出てきます。
しかしやめてしまった場合、元に戻る事も多くあります。
一定期間、続けることを頭に入れ、治療することにより効果の持続が期待できます。
ホルモン補充療のための薬以外にも、他の薬も飲まなければならない場合、医師との相談を欠かしてはなりません。
ホルモン薬による影響を増減させる効果、また他の薬の効果を消してしまうような効果がでる可能性があります。
普段、常備薬やよく服用する薬があるときには、医師に報告や相談してから服用するようにしなければなりません。
ホルモン補充療薬を服用する期間は、普通、二ヶ月から長い場合、半年は飲みながらの観察治療をするケースが多いです。
そのため更年期の症状だけに限る場合、充分に効果が出ているようです。
ですが症状が改善しない場合、漢方薬などを併用することもあれば、心理療法を行う事もあります。
そのため、症状が改善したため、治療をやめた後にも更年期の症状が出るような場合には、ホルモン補充療を再び始めることも出来ます。
更年期以外の病気でも、頻尿などの症状にはホルモン補充療はよく効果発揮します。
その他には、骨粗鬆症などにもホルモン補充療が使用されたりする場合もあります。
ですが、更年期を過ぎたとしても、骨量の低下が止まらないこと、コレステロール値が異常に高くなる場合、治療を続行する場合もあります。
骨粗鬆症、高脂血症の治療によって、薬の服用期間が長期間「数年~十年」を超えるケースもあります。
更年期障害でないと診断された場合、健康保険が効かなくなることも注意が必要になります。