うつ病について

男性の更年期障害とうつ病には密接な関係があります。
特に、男性の更年期障害によるうつ病は長引きやすいのです。
なぜなら、年齢が若く、身体的にも精神的にも充実している頃から、男性が40代になると、腕や足の筋肉が萎縮して細くなってしまう。
下腹やお腹周り急に大きくなる、というような変化が出てきた人は、「更年期障害」の疑いがあり、要注意が必要です。
前項でも取り上げましたが、もともと、スポーツマンな人や、仕事をバリバリやってきた人などはプライドの高い人が多く、体つきがどんどん劣っていく自分の体を見ると、自分に自信が持てなくなってしまいます。
自信を落としてしまうと、気合や気力、がんばる力が出なくなり、体がなまってしまい、どんどん機能しなくなる。
そうなってしまうと、気持ち的に余裕が無くなり集中力や忍耐力が失われたりして、「うつ病」になってしまい、がんばれなくなってしまいます。
このような状態になったり、続いてしまったりすると、特に自分に自信がある人、つまりスポーツの出来る人や仕事のよく出来る人なほど、今の自分と昔の自分を比べたときに、衰えてしまったと自分を責めてしまったりします。
衰えてしまったと思い込み自分に自信がなくなると、今度は周りの視線が気になり、人に会いたくなくなる「うつ状態」になってしまいます。
うつには不眠症の症状がでるので、不眠症により休むはずの夜に眠れなくなると、昼間に眠気が来るのでいわゆる「昼夜逆転」の生活習慣になってしまいます。
その結果、当然仕事も手に付かなくなるので、集中力や気力、忍耐力の欠けた自分の姿に悩み続けるため、うつ状態が長く続いてしまいます。
次は、うつ病の対処法についておおくりします。