男性更年期障害の原因と症状・治療法 > ホットフラッシュについて

ホットフラッシュについて

テストステロンの減少で起こってしまう更年期の症状のなかで、ホットフラッシュ「英名hotflash」と呼ばれるものがあります。
ホットフラッシュによる症状は、運動などのきっかけがないのに、急に、首や顔が熱くなったり、ぼーっとのぼせたりすることです。
汗をたくさんかいたり、胸の動機が起こることもあります。
その場合、タオルが必要になるぐらいの症状が出る人もいます。
ホットフラッシュの症状は急に起こってしまったりするので、一度症状が出てしまうと人前で余計に緊張してしまったり、気分が落ち着かなくなったりする、と訴える人も多く、夜中に症状が出て、不眠になる人もいます。
しかし、症状の回数には個人差があります。
数分おきに出る人もいれば、一日に一回、一週間に数回というぐらいのばらつきがあるようです。
では、なぜホットフラッシュが起きるのでしょうか。
それは、自律神経の乱れによって起こる運動神経の異常によって、抹消血管をコントロール出来ないからだといわれています。
しかし、常に自分でもできる対策は、たくさんあります。
大きく腹式呼吸をすると、交感神経をやわらげるので、症状の出始めにすることによってホットフラッシュが軽くなることがあります。
他には、着衣のしやすい服、ゆったりした服を身に着けることや、いろいろなことに余裕をもって、少しルーズに普段の生活を送ることも大切です。
しかし最も注意が必要なことは高血圧や甲状腺、心臓などの症状でも同様のことが起こるので、早めに検査を受けておくことがとても大切です。
このホットフラッシュの症状で、自分は更年期なのだと気付く人が多くいるようです。