動悸・頻脈について

更年期によく出る代表格の症状としては、急に起こる動悸や頻脈があります。
また、少しの体を動かしたりすると、すぐに息切れしてしまう場合があったり、酸素を吸って二酸化炭素をはけなくなる過呼吸が、症状としてでたりもします。
過呼吸は、一度、過呼吸になったことがある人ほど、症状がよく現れる場合が多いようです。
心臓などの働きに関わる自律神経の乱れによって、こういった症状が起きてくるものだといわれています。
緊張感を感じたり、悩み事があったり、心に不安があっても起きる可能性があります。
自分を落ち着かせることの出来る音楽や、最近はアロマテラピーなどで、落ち着ける環境を整えることが必要です。
疲れを感じたり、やはりストレスなどでも動悸や頻脈は出やすくなるので、しっかり休息を取ったり、先ほどいったように気分をリフレッシュするように心がけましょう。
そして、カフェインの多い食品は、極力控えるようにしましょう。
もし、動悸や頻脈が起きてしまったら、慌てずに深く、ゆっくり深呼吸をして気持ちを落ち着けるのが効果的です。
少し太り気味だと思う方は、減量をすることで、症状が出なくなったり、和らいだりすることもあります。
ホットフラッシュによる、身体のほてり、多汗などの症状が出ないけど、ストレスをよく感じる方、リラックスできなかったりする方には一度、精神神経科の診察を受けてみましょう。
精神神経科のカウンセリングなどをうけることで、自分の肩の荷が下りて、症状が改善する場合もあります。
動悸や頻脈は貧血で起こったりしますが、男性の場合は、やはり持病の糖尿病による動脈硬化や高血圧、高脂血症「ドロドロ血」などを持っている場合には注意が必要です。
その場合、病院での検査を受けておくことをオススメします。