肩こり・腰痛

更年期に、とても辛い症状といえば、「肩こり」や「腰痛」ですが、更年期障害と肩こりや腰痛はまったく関係ない症状なのでしょうか?

たしかに、肩こりや腰痛は、更年期障害に直接関係する特有の症状ではありません。

しかし、更年期に入ってから、慢性的に痛みが続いたり、痛みが強くなったりする人が中にはいます。

そういった場合、もう自分は更年期に入ったから、肩こりや腰痛があるのだと判断せずに、その肩のこりや腰の痛みの原因をよく考えてみると、分かることがあります。

それは、高血圧や脳の病気によるもの、目の疲れからなどでも、肩こりや腰痛が起こったりします。

また、腰や首、肩の筋力が年齢によって減退していくために起こる、関節の変形や変質も原因と考えられます。

さらに、更年期による、男性ホルモンのテストステロンが減少していることが新陳代謝を悪化させて、肩こりなどの症状を悪化させた場合があります。

また節々の痛みなどの場合は、リウマチや他の関節系病気の疑いも考えられるので、症状が長く、持続する場合は、一度医師に相談してもらったほうがよいです。

肩こりなどの対処方法としては、普段から、無理をしない程度に老化をふせぐためのマッサージ、運動をこまめにしていくことが重要です。
貼り薬や痛み止めなどでは現れた症状を抑えたり、弱めたりする効果しかありません。
普段からのストレッチ、いわゆる柔軟体操や、軽めに筋肉を鍛える運動をすることで筋肉を若く保ち、骨や関節の老化を防いでいきましょう。